毛穴の角栓のつまりについて

鼻のまわりの黒ずみの原因は角栓のつまりが原因かもしれません。毛穴の角栓を鼻の周りで見つけると指で押し出したりします。その時のポイントは何度も同じ場所を強く押したり、爪を立てたりするのは絶対にやめましょう。お肌が傷ついて、色素が沈着したり、デコボコになったりしてしまいます。

角栓をそのままにしていると、だんだん大きくなって毛穴を押し広げたり、酸化して毛穴周りの皮膚を老化させたり、毛穴を塞いでニキビの原因になったりします。

角栓の役割は、顔の毛穴に詰まった皮脂や角質のことです。ニキビの原因にもなるこの角栓ですが、実は毛穴を外部の細菌などから守ってくれています。

通常、角栓は古くなった角質や皮脂が少しずつ溜まっていき、皮膚のターンオーバーとともに自然に取れていくものです。それを自分で取り除いてしまうと、皮膚が敏感に反応し、新しい角質や皮脂を過剰に生成しようとしてしまいます。それにより以前より大きな角栓ができてしまいます。

より大きくなってしまった角栓を再び自分の手で取り除いてしまうと、また皮膚が角質や皮脂を過剰生成します。この悪循環の結果、角栓がどんどん大きくなり、自然な皮膚のターンオーバーでは排出されないような角栓ができあがるのです。

角栓のケアで重要なのは、なんと言っても「洗顔」です。角栓対策は、洗顔と合わせてクレンジングオイルを使用するのも効果的です。またゴシゴシ洗っていきなり角栓を取り除こうとするのではなく、徐々にゆっくり角栓を小さくしていく意識が大切になります。

→「リメリー」の詳細はこちらからどうぞ!
Remery

ひまわり証券でFXを